PRサービス

PR SERVICE

ホームPRサービスPRサービス一覧 > メディアリレーション

メディアリレーションのご紹介

「メディアリレーション」のサービス内容

●メディアリレーション

メディアと言われる、テレビや新聞、ウェブ媒体、雑誌等の記者や編集者、ディレクターらと良好な関係を築くための活動です。

一方的にプレスリリースや情報を送りつけることをメディアリレーションと誤解されてる方もいますが、メディアリレーションで最も重要なのは、メディアとの信頼関係を構築することです。

メディアとの信頼関係を築くのは、一朝一夕ではできません。
プレスリリースをFAXやメールで送るだけ、電話も資料の到着確認をするだけでは、メディアとの信頼関係を築くことはできません。
では、どのようなことを行えばよいのか、当社のPRコンサルタントたちが行っている実例を一部記載します。

1.媒体研究を行う
媒体特性や最近の記事や放映の傾向などを把握します。
例えば、商品紹介コーナーがない媒体に商品紹介のプレスリリースでアプローチするのは非常に失礼です。社会問題などを多く取り上げているメディアであれば、その商品がいかに社会問題を解決するものなのか…など、特性に合わせ、切り口を変えアプローチすることで、メディアも有意義な情報として受け取ってくれます。

2.担当記者の記事を遡って読む
特に新聞では、署名記事というどの記者が書いた記事なのかがわかる名前の記載された記事があります。訪問のアポイントが取れた際などは、その記者の記事を遡って読み、どういったテーマに関心があるのかを把握します。予め読んでからアプローチすると、共通の話題ができますし、記者としてもちゃんと自分の追っているテーマを理解した上で話してくれているんだなと好感を持ってくれやすくなります。
新聞だけではなく、テレビや雑誌などのレギュラーコーナーにアプローチする際も同様です。

3.メディアからの相談には全力で応える
メディア側から「こういう人物しらないか?」など、取材対象者や取材企業についての相談をいただくことがあります。そういう場合、「知らない」で終わらせることは絶対にしません。少しでも役に立てるように、周囲にもヒアリングをしたり、自分でも調べたりし、何かしらの回答をするようにします。
いつも「自社の話を聞いて!掲載・放映して!」だけではなく、メディアが困っていることがあれば積極的に協力する、ギブアンドテイクが重要です。

●当社の強み・特徴

・人海戦術でやみくもにアプローチするのではなく、媒体特性を把握した上で適した形に情報を変換し、提供しています。そのため、企画の採用確度も高く、媒体側から情報提供の相談を受けることもあります。
・首都圏のメディアだけではなく、日本各地のメディアとリレーションを築いています。

「メディアリレーション」に関連する事例

ご依頼・お見積り・ご相談など各種お問合せ

お電話でのお問い合わせは

03-5545-1661

平日10:00~18:00/土日祝日を除く

各種サービスに関する資料請求

弊社サービスに関する資料をご希望の方は、下記フォームより資料請求をお申し込みください。