PRノウハウ集

PR KNOWHOW

ホーム > PRノウハウ集

広報やPRに役立つ記事、PRノウハウ集のページです。

PRとは何か。簡単なノウハウ集にいたしました。

PRを知るために楽しく読めるコラム形式のノウハウ集です。

  • 1、あなたは広告と広報(PR)の違いを本当に理解していますか?

    毎日、山のように生み出される多様な新製品やサービスのプロモーション。あらゆる分野で激しい競争が繰り広げられている現在、多少の広告宣伝予算を使ったぐらいでは、自分の訴求したいと思う対象者に「メッセージをきちんと届ける」ことが難しいということは既に周知の事実です。例えばみなさま、アメリカ生まれの「TiVo」(ティーボ)ってご存知ですか?「番組情報提供サービス」会社の名前です。

  • 2、販促広報の取り入れ方

    これまでのマーケティング活動というと、まず実施目的や期間、訴求したい層などを決めることから始まります。そのうえで、テレビ CMや、新聞広告、雑誌広告などのマスメディアをつかったり、折込みチラシやダイレクトメール(DM)、POPなどの販促媒体をつかうのが一般的な方法です。

  • 3、プレスリリースを発信する

    販促広報のなかでまず注目したいのが、プレスリリースです。もう皆さんご存知でしょうが、プレスリリースとは、企業などがマスコミ関係者に対して、自社の新商品やサービスなどの情報を提供する報道資料を指します。もっとわかりやすく説明すると、マスコミが記事や放送を

  • 4、情報が集まる仕組みをつくる

    会社でプレスリリースを作成する前にまず準備すべき事は…”社内の各部署から情報を収集できる仕組み”を作ることです!そのためには、一名でも良いので広報担当者をつくることが望ましいですが、人員がいなければ、社長自ら、もしくは宣伝部や総務部の担当者が兼任するなどの方法が現実的でしょう。

  • 5、メッセージと発信目的を明確にする

    前回は、プレスリリースを発信する前にまず、「情報が集まる仕組みをつくりましょう!」と提案しました。そこで今回は、その次に何をするかですが・・・「集まった情報をしっかり取捨選択しましょう!!」です。集まってきた情報のなかから、そもそも何のためにそのプレスリリースを発信するのかをよく吟味し、それに適した情報を選択します。

  • 6、プレスリリースを執筆する1

    前回は社内の情報を集める仕組みについてご紹介しました。そこで、今回はプレスリリースの具体的な執筆について、お伝えしたいと思います。”どういった情報がマスコミで取り上げられやすいか?”この質問、なかなか難しいと思うかもしれません。しかし、日頃からどの様な情報がよく取り上げられているのかを自分で意識し、新聞や雑誌を見るクセをつけておくと、自然にわかってくるようになります。

  • 7、プレスリリースを執筆する2

    プレスリリースに盛り込むべき内容は一般的にニュースの基本となる”5W1H”の要素を盛り込む。『 WHEN(いつ)、WHERE(どこで)、WHO(誰が)WHAT(何を)、WHY(なぜ)、HOW(どのように)。』これらをA4の紙1・2枚に簡潔にまとめます。

  • 8、媒体研究を行なう

    前回まで、”プレスリリースをどのように書けば良いのか?”を見てきましたが、それと同時に重要な事があります。それは・・・・・『自社のプレスリリースがどんな媒体・ コーナーで取り上げてもらいやすいか?』という事です。言い換えれば、どういう媒体に掲載してもらえば、伝えたい人たちにメッセージ・情報が伝わるのか?という事です。

  • 9、プレスリリースを配信する

    プレスリリースを書いて、送るべき媒体も選定できました。いよいよあとは配信するだけ!!と・・・その配信するに当たり、重要なポイントが残っています。それは”配信するタイミング”を確認することです。

  • 10、マスコミ人たちの生の声

    プレスリリースを発信する側と、受け取るマスコミ側に深い溝があることを皆さんご存知でしょうか?ある全国紙の記者によると、一日に送られてくるプレスリリースの数は百枚を超えるそうです。”目を通す時間は一枚につき、15秒!”

  • 11、取材の事前準備をする

    プレスリリースを読んだ記者から、もしくは、記者の誰かの紹介で、取材の申し込みを受けたとします。やっと取材までこぎつけた!とここで気を抜いていると、今までの苦労が水の泡になりかねません。

  • 12、取材には適切は受け答えを!

    今回は、取材を受ける際の心構えについてご紹介します。1.事前準備を怠らない!取材趣旨をよく理解するために、媒体の特性や取材のテーマなどを事前によく調べ、的確な受け答えができるように頭の中を整理しておくことが大切です。

  • 13、取材後の原稿チェックを行う!

    マスコミとのかかわりで気をつけなければいけないのは・・・、”単にマスコミに取り上げてもらうだけでは意味がない”ということです。極端な例としてはマスコミに自社の不祥事が掲載されると、企業イメージのダウンにつながります。

  • 14、露出の効果測定を行う

    今回も前回同様に、取材後に是非行っておきたい事についてお話します。前回の復習を兼ねて、もう一度おさらいをすると取材後に行うこととして、1.取材後の原稿チェックを行う

  • 15、取材者と人間関係をつくる !

    取材後に”やることシリーズ”第三弾は、『取材の終わり際に必ず、その記者のテーマを聞いておくこと』です。

  • 16、社長こそ広報マンたれ!

    中小・ベンチャー企業の場合、社長こそが『 最高の広報マン 』であるべきです。つまり、サービスや商品の原点である社長こそが会社の先頭に立って、自社がどういうビジョンを持ち、どういうことをしていこうとしているのかを社内外に情報発信していくのです。

  • 17、自らニュースをつくりだすPR発想!

    前回までは、あなたの会社に、あらかじめ情報素材があることを前提として、マスコミに取り上げてもらいやすいプレスリリースの書き方・送り方について紹介してきました。

  • 18、人物をPRする!

    皆さんご存知かと思いますが、個人も十分、ニュース素材としてなり得ます。今回は自分をどうやってブランディングしていくかについて少しご説明します。

  • 19、特集記事を執筆する!

    マスコミへのニュースや露出を自ら高めるもっとも効果的な方法は・・・ずばり、教えます。”自分の業界や商品に関する特集を自分で企画・立案してしまうことです!!”この場合、速報性があることよりも企画性が重視されるので、新聞よりも、雑誌やテレビの企画として向いているでしょう。

  • 20、募集ネタを考え出す !

    『募集ネタ』を企画するとは・・・・自社のビジネスに関連するテーマを設定して、そのテーマに沿った「論文」「エッセイ」、「俳句」、「絵画」、その他コンテストなどを自社主催で企画し、一般公募する方法のことです。

  • 21、アンケート結果を発表する !

    調査活動は大いなるPR活動と言えます。会社の事業と何らかの関連性のあるテーマでアンケート調査を実施して、結果を発表。その結果をマスコミに取り上げてもらうことにより、付随して自社のビジネスも取り上げてもらう方法。

  • 22、PRイベントを企画する !

    ニュースを自ら作り出す方法として、多くの方が最初に思いつくことはおそらく、『何かイベントを企画する』ことではないでしょうか?もちろん、ニュース性のあるイベントを企画・実施することは、マスコミに取り上げてもらう上で非常に有効です!

広報・宣伝担当者のための無料メール講座

こちらのメールマガジンの登録いただけると、PRマガジンの最新記事をいち早くお知らせいたします。

登録特典内容

テレビPR必須ノウハウを全て伝授!

現役TVPRマンが教える”テレビPR”セミナー

  • ① セミナー資料PDF
  • ② 全6回のセミナー動画