アカウントエグゼクティブ Kさん

前職について語る

アカウントエグゼクティブ Kさん

アカウントエグゼクティブ Kさん

大手鉄道会社の駅スタッフとして、切符の発券業務や改札業務を行っていました。通常の業務のなかで、外国人の方へ簡単な英語で道案内をしたり、切符を買いに来たお客様の旅行プランの相談に乗るなど、日々様々な接客を経験したことで、とっさの場面でも適切に対応する能力が磨かれました。
また、朝9時から翌日の朝9時までという勤務体系や、夜が明ける前に駅を開けるという生活リズムだったため、自然と体力も養われたように感じます。

コミュニケーションデザインに入社した理由とは?

ブレスト会議にて

ブレスト会議にて

前職でも広報を目指し、仕事内容について調べていた際、たまたま「PRコンサルタント」という職種が目につき、検索するうちにコミュニケーションデザイン社のWEBサイトにたどり着いたのがきっかけです。そこで、PR会社の仕事内容を初めて知り、事業会社の広報とは違い、企業の大小を問わず幅広い業界の方と関われる点や、業務内容の広さに興味を持ちました。
そして、業界未経験でも挑戦できる点や、分業体制を取らず1つのクライアントを一貫して担当できる点が魅力的だと感じ、入社を決めました。

現在の仕事について語る

業界の異なる企業のクライアントを3社担当しています。
それぞれにおいて企画の立案、プレスリリース・企画書の作成、メディアアプローチ、取材対応、クライアントへの報告会の司会進行など、幅広く業務を行っています。
クライアントの書いた寄稿記事を校閲する編集者のような仕事をすることもあれば、イベント業務のサポートを行うこともあります。日々学ぶことや、初めて経験することも多いので、一日一日の密度がとても濃く感じます。

今の仕事のやりがいや面白さとは

クライアントの掲載確認

クライアントの掲載確認

自分が考えた企画を記者の方へ説明し、興味を持ってもらえたときはうれしいです。さらに、粘り強くメディアへコンタクトを取り続けたことで、クライアント企業の露出に繋がった時はとてもやりがいを感じます。

企画を考える際、プライベートで見聞きしたことが仕事のヒントになりうるので、その点は面白いと思います。今では何気なくTVを見たり雑誌を読んでいる時でも、クライアントが露出できそうな媒体やコーナーかどうかを判別する癖がついてしまい、もはや職業病だと感じています…(笑)

夢、実現したいことを語る

クライアントによってPRで達成したい目標は異なるため、それぞれの要望に沿った施策を提案し、一緒に目標達成に向けて走るパートナーのような存在でありたいと思っています。
またいつかは、自分の仕掛けたPRによって人の消費行動を変えたり、ブームを生み出したりと、世の中にインパクトを与える仕事ができたらと考えています。

休日の過ごし方は?

会議室で打合せ中

会議室で打合せ中

好きなアーティストのライブを観に行くことや、美術館巡りをして過ごすことが多いです。国内外問わず、有名な建築を観に旅行へ出かけることもあります。また月1くらいのペースで山、川、滝など自然のある場所へ出かけ、心身ともにリフレッシュできる時間を作るようにしています。

コミュニケーションデザイン社を一言で言うと

多様性を認め合い、切磋琢磨できる環境、だと思います。
今までの経験も、趣味嗜好も全く異なる人たちの集まりですが、違いを尊重し、むしろその違いを個々の強みとして伸ばしていくことができます。また上司との距離も近く、仕事で困った際に相談したり、自分の意見を伝えることもしやすいので、風通しが良い職場だと常々感じています。

これから入社を考える人へのメッセージ

休憩中に雑誌をチェック

休憩中に雑誌をチェック

広報やPRに興味があるという方は、その気持ちが冷めないうちに、ぜひ一度話を聞きに来てください。私は転職サイトを介さず、直接アポイントをとって10社ほど訪問し、情報収集をしていました。
弊社は私を含め業界未経験の方も多く、きちんとステップを踏みながら成長できる環境が整っているため安心して業務に取り組めます。メディアと関わるお仕事がしたい方、モノや企業の魅力を広めることに興味のある方、ご応募をお待ちしています。一緒に働ける日を心待ちにしています。

PAGE TOP