話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
works

実績紹介

works

戦略PRサービスの実績の一部をご紹介します。

消費財・コンシューマ   ■法人向けサービス
IT・テクノロジー   ■公共事業

事例の一部をご紹介します

■消費財・コンシューマ:PR会社活用事例

大手寝具メーカー
事業内容
寝具の企画、製造、販売

抱えていた課題
・新商品のPR
・睡眠に関する啓蒙活動
・各店舗のPR


これをどのように解決したか?

生活雑貨メーカー
事業内容
インテリア用品の企画、製造、販売
婦人服の企画、製造、販売
カフェ、レストラン運営

抱えていた課題
・生活雑貨を買う主婦層コミュニティはできていたが、
より認知を広げていくための方法を模索していて、依頼した。
・創業者の「大人の女性文化」という
ライフスタイルをもっと伝えたいというニーズがあった。
・秋田県でカフェをオープンすることになり、
その土地でカフェの認知度を高める必要があった。


これをどのように解決したか?

外食店の店舗経営・プロデュース会社
事業内容
外食店の経営、店舗プロデュース
教育事業
セミナー開催、社長講演会

抱えていた課題
・社長のメッセージを若者を中心に広めていきたいという思いがあった。
・外食産業は学生を採用するのが難しく、
優秀な学生を惹きつけるためのブランド構築が必要だったので依頼した。
・採用活動でユニークな取り組みを行うことで、
自社を社会的に広めていくことを狙っていた。


これをどのように解決したか?


■法人向けサービス:PR会社活用事例

大手経営コンサルティング会社
事業内容
経営コンサルティング事業

抱えていた課題
・企業のさらなるブランド力の向上
・ブランド強化に伴う採用力の強化
・マスコミからの取材引き合いが競業企業に比べ少なかった


これをどのように解決したか?

外資系人事コンサルティング会社
事業内容
事業内容 組織・人事領域の経営コンサルティング

抱えていた課題
・日本における組織・人事領域の経営コンサルティング会社としての認知度向上。
・そのために効果的なメディア露出を実現すること。


これをどのように解決したか?

人材研修会社
事業内容
社員研修事業
新卒採用支援事業
人事組織コンサルティング事業
キャリア教育・学校支援事業

抱えていた課題
・企業向け研修のニーズが高まる中で、認知度を高めることが課題だった。
・顧客企業やマスコミに対して、強みが訴求できるメッセージではなく、
知覚できるポジショニングも不明確だったため依頼した。
・また、大手企業のセミナー・研修など、
取引実績がメディアフックとして有効に活用できていなかった。
・その結果、人事専門誌を中心としたメディア露出にとどまっていた。


これをどのように解決したか?

コンサルティング会社
事業内容
経営コンサルティング事業

抱えていた課題
・海外発のビジネスメソッドのライセンスを取得し、日本の企業やビジネスパーソンに向けて紹介する事業を展開していた。当初は人材育成やマネジメントに関する、テキストやDVDなどの情報商材を販売しており、ユーザーは比較的小さい規模の企業だった。
・今後はビジネスを成長させるために、より大規模な企業との取引を増やしたいと思っていた。


これをどのように解決したか?


■IT・テクノロジー:PR会社活用事例

モバイル向け動画配信会社
事業内容
携帯電話向け動画配信事業、携帯電話向け広告代理業など

抱えていた課題
・自社メディアの優位性が一般に伝わっていなかった。
・大手企業の宣伝部をはじめ、中堅・中小企業の経営者も
ケータイ電話のマーケティングツールとしての価値を理解していなかった。
・そもそもケータイユーザーの動向が知られていなかった。
・結果として、ケータイCMの大量受注に大きな壁が存在していた。


これをどのように解決したか?

IM開発・販売メーカー会社
事業内容
インスタントメッセンジャー開発・販売
ソフトウェア企画・開発
ホームページ制作
ウェブサイト構築コンサルティング
コンピュータ関連機器の販売・保守管理
ネットワークシステム・セキュリティ機器の販売・保守管理
情報セキュリティシステムに係るコンサルティング業務

抱えていた課題
・ビジネス向けインスタントメッセンジャーの開発・販売を行っていたが、
企業からその必要性を十分に理解されていなかった。
・同製品の認知度が十分ではなく、啓蒙と認知度向上を図る必要があった。
・ITベンチャー企業であり、製品売り上げアップにつなげるための企業PRを
いかに展開していくかが課題だったため依頼した。


これをどのように解決したか?

大手IT会社
事業内容
イノベーション事業、ファイナンス事業

抱えていた課題
・IR以外のマスコミ露出が少ない
・各子会社の事業もマスコミへ打ち出したい
・20社近くある子会社の事業と親会社のブランドを統一させたい
・社名変更に伴い、マスコミへの認知活動を徹底したい
・顔の見える企業として、社長を前面に打ち出したい
・IT業界内で社長の知名度は高かったものの、
専門紙・誌への露出のみで一般ビジネス媒体への露出が少ない


これをどのように解決したか?


■公共事業:PR会社活用事例

和歌山県
内容
和歌山県のPR

抱えていた課題
・熊野古道の世界遺産登録の効果が薄れるなか、観光客誘致が主要な課題だった。
・ほかに特産品のブランド向上も課題だった。
・そこで、首都圏のメディアを通じて効果的なメッセージを発信する必要があった。
・県には豊富なPR素材がありながら、「和歌山県といえば○○」というイメージが想起されにくい状況にあった。


これをどのように解決したか?

フェスティバル/トーキョー
内容
東京都文化発信プロジェクト

抱えていた課題
・日頃は芸術に親しみのない層にも関心をもってもらいたい
・フェスティバルを新しい作品やプロジェクトが生まれる芸術創造の機会として認知されたい
・東京都の文化発信プロジェクトの一環として、
東京が成熟した芸術文化都市であることを国内外に示すきっかけとする。


これをどのように解決したか?