話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
tv-pr

TVPRサービス

tv-pr

・より多くの人(数百万人規模)に情報を拡散したい場合、テレビ番組への露出が最も効果的です。
・テレビ専門のPRコンサルタントが、よりテレビ番組で取り上げられやすい企画を開発します。
・地上波、BS放送の報道番組・生活情報番組・バラエティ番組などに対してPR活動を展開します。

▼テレビPRのメリット

1.リーチ数

全国ネットの番組の場合、視聴率1%につき100万人、10%で1000万人が視聴していることになります。
これは全国紙の新聞や人気雑誌と比較しても多く、より多くの人に情報を届けることができます。

2.訴求効果

広告(CM)とは違い、番組の本編中で有益な情報として取り上げられるため、視聴者の信頼や共感を得やすく、大きな影響力を生み出すことができます。
また他の媒体と違い、聴覚と聴覚から情報が入ることで、視聴者の心を動かしやすくなります(=感動)。

テレビPRのメリット

▼テレビPRのハードルの高さ

テレビ露出を獲得できれば大きな効果が期待できますが、企画採用のハードルは非常に高いのが現状です。
番組には一日に数十件のプレスリリースが届きますが、その中で実際に採用されるものは1割にも満ちません。
数ある情報の中で他と差別化を図り、テレビ番組で取り上げられるためには、専門的な知識と経験、そして戦略が必要になります。

テレビPRのハードルの高さ

▼テレビPRにおける当社の強み

テレビ番組の露出を獲得するためにはどうすれば良いのか?

弊社では、報道番組や情報番組の元テレビディレクターなどが、テレビ専門のコンサルタントとして在籍。
番組に採用されやすい企画の立案から番組スタッフに響きやすい企画書の作成、人脈を生かした番組へのアプローチ活動まで、ディレクター目線で、最適なPR戦略を考案・実施しています。

▼テレビ露出を獲得するための4か条

その1.番組を分析し、ターゲット番組を特定する!

テレビ露出を獲得するためには、闇雲に番組にアプローチする方法は効果的ではありません。
番組は報道・情報・経済・バラエティなどジャンルによって内容が大きく異なり、番組内には様々なコーナーがあります。
番組やコーナーの特徴を分析し、「取り上げてほしい内容がどの番組のどのコーナーに合うのか」をしっかり把握した上でアプローチするのが効果的です。
弊社では日頃から番組分析にも力を入れており、番組の特徴をデータ化、改編期ごとに更新を行っています。

番組分析

その2.取り上げてほしい情報を企画化する!

番組に取り上げてほしい情報は、そのままプレスリリースにしてもなかなか採用してもらえません。
番組は一企業の情報を探しているのではなく、「企画」を探しているからです。
そのため、取り上げてほしい情報を今の時流や季節性などに合わせた企画にする必要があります。
弊社では、元テレビディレクターのコンサルタントが、より番組に取り上げられやすい企画切り口を立案いたします。

<どのように企画にするのか?>

1:取り上げてほしい情報の「ウリ」を考える

番組が取り上げたいのは、他には無い独自性やインパクトがある面白い情報です。
「他と差別化できる特徴は何なのか?」「どこが面白いポイントなのか?」を考え、取り上げてほしい情報の『ウリ』を明確にすることが重要です。

2:「番組が好むキーワード」や「季節の話題」に絡める

番組が好むキーワード…「絶品」「日本初」「限定」「最新」「激安」「お得」「便利」「時短」「健康」など
季節の話題…「あったか」「ひんやり」「風邪」「花粉症」「紫外線」「新生活」「ハロウィン」「クリスマス」など

3:いま起きている「ニュース」に絡める

いま話題になっているタイムリーなニュースと絡めることで、弱いネタでも採用の可能性を高めることができます。

テレビPRをどのように企画にするのか?

その3.視覚を意識したわかりやすい企画書を作成する!

番組には一日に数十件のプレスリリースが届くため、一つ一つの資料をゆっくり読み込むことはできません。
タイトルを中心にサッと目を通し、わずか5~10秒で採用・不採用を決定しています。
そのためテレビ向けの企画書は、①キャッチーで興味を引くタイトルをつけること、②いつ・どこで・何が撮影できて、どこが面白いポイントなのか、を手短にまとめること、③視覚的にイメージしやすいよう写真や図をふんだんに使うこと、が重要です。

わかりやすい企画書

その4.番組・コーナーの担当者を特定し、効果的にアプローチする!

番組へのアプローチは、誰に情報を提供するかが非常に重要です。
狙いたいコーナーが決まっている場合は、そのコーナーの担当者にアプローチしなければ意味がありませんし、番組内でどれだけ権限を持っているか、企画の提案に好意的か、提案する内容がその人の嗜好に合っているか、などアプローチする相手によって採用の可能性が変わってきます。
弊社ではテレビ専門のコンサルタントが日頃からテレビ局を訪問、番組スタッフとリレーションを取っており、より効果的なアプローチ活動を実施しています。

▼アプローチ番組例

【NHK】

「おはようにっぽん」「あさイチ」「ニュースシブ5時」「ニュースウォッチ9」「ニュースチェック11」「クローズアップ現代+」

【日本テレビ】

「ZIP!」「スッキリ‼」「ヒルナンデス」「news every.」「NEWS ZERO」「ズームイン‼サタデー」「シューイチ」

【テレビ朝日】

「グッド!モーニング」「羽鳥慎一モーニングショー」「ワイド!スクランブル」「スーパーJチャンネル」「報道ステーション」

【TBS】

「あさチャン!」「白熱ライブ ビビット」「ひるおび!」「Nスタ」「NEWS23」「新・情報7daysニュースキャスター」
「王様のブランチ」

【テレビ東京】

「モーニングチャージ!」「ワールドビジネスサテライト」「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」「なないろ日和」「L4YOU!」

【フジテレビ】

「めざましテレビ」「とくダネ!」「ノンストップ!」「バイキング」「直撃LIVEグッディ!」「みんなのニュース」「ユアタイム」

TVPRサービスの流れ

STEP1.TVPR戦略の決定

・クライアントの意向を踏まえた上で、テレビ専門のPRコンサルタントがテレビ取材を獲得するための企画を作成します。

STEP2.PR活動の実行

・作成したテレビ企画をもとに、企画書(プレスリリース)、メディアリスト、PRスケジュール表を担当コンサルタントが作成します。
・上記計画に基づき、担当コンサルタントがテレビ番組にアプローチを実行します。

STEP3.テレビPR活動の成果確認と改善

・PR活動の成果状況をレポートにまとめ、毎月クライアントに提出します。
・PR戦略が順調に進捗している場合は継続し、成果が十分でない場合は課題の抽出と改善案の作成を行います。

効果測定の考え方
弊社ではPR会社としてアクセス数や露出件数、広告換算額などの指標を参考に下記図の考え方で効果測定を行っています。
※テレビメディア露出はあくまで手段であり、最終目的ではありません。ビジネス上の成果に貢献するためにPR活動を行っています。

効果測定
料金
※料金は業務内容や規模によって異なります。
詳細はお問い合わせください。

オプションサービス
集客ツールの作成として、以下もうけたまわっております。

  • 小冊子/パンフレット
  • ウェブサイト/ブログ
  • セミナー/講演会
  • 音声/映像制作
  • 広告制作

 

詳しくはこちら