話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
thinking

戦略PRに対する考え方

thinking

目的達成につながるPR戦略を企画・実施します。

企業の中長期的な成長には、効果的なPR戦略が不可欠と、コミュニケーションデザインは考えます。
広告投資だけではブランドが構築できず、広告に依存した経営体質になってしまうからです。
「戦略PR」の企画・実行をコミュニケーションデザインがお手伝いします。

考え方1 広報・PRの影響力は絶大

  • 広告と広報・PRでは、情報の発信の仕方が異なります。
  • 広告の場合は、広告主(企業など)が買い取った広告の中で情報発信するのに対し、
    広報・PRの場合は、第三者(マスコミや消費者など)を通して伝えます。
  • 広報・PRは第三者を介すため、情報を受け取る側が、
    「より客観的で信頼のおける情報」として受け取りやすくなります。

 

考え方2 統合型のPR戦略でブランド力を高める

  • 広告、PR、ウェブ、イベントなど、バラバラに取り組んでいては
    効果的なメッセージ訴求を行うことはできません。
  • 戦略PRによってクライアントの統一されたキーメッセージを
    ターゲットに届けることで、効果的なブランディングを行うことができます。

 

考え方3 PR戦略の企画力で影響力を大きくする

  • クライアントの目的達成(売上アップやブランディングなど)につながる
    PR戦略を企画します。
  • 狙いなく単発的なマスコミ露出を図るだけでは、目的を達成することはできません。
  • 既存の広告・PRという領域にとらわれず、
    効果的なマーケティングプランをご提案します。

 

考え方4 PR戦略の実行力で話題をつくり出す

  • PR戦略の実行力を高めるためには、
    マスコミやインフルエンサーの制作工程に精通している必要があります。
  • やみくもにマスコミにアプローチするのではなく、
    媒体研究を踏まえた効果的なマスコミアプローチを行うことが重要です。