WEBディレクター Uさん

前職について語る

前職はアパレルメーカーの企画部に勤務しておりました。インターネット部門の担当として入社したのですが、入社当時はインターネットを理解しているスタッフが一人もいなくて、たいへん苦労したのを覚えています。周りからも「ホームページ?ただの学級新聞でしょ?」みたいな感じで(笑)。
当時、業界内のほとんどの会社がWEBって何?ホームページはありさえすればいいという状態でしたので、入社当時の同社のホームページもひどい有り様でした。
そこで、ビジュアル面の立て直し、イメージブランディングの修正を行い、インターネットを使った様々なプロモーションなどを企画、制作、実行したりしていました。ストーリー付きのショートムービーやお客様参加型のランキング形式のゲームをたくさん開発してバーチャル遊園地を作ってみたり、パソコンでリアル店舗の店内を歩けます!みたいなこともやったりもしました。壁紙やアイコン、ケータイアクセスやPDFグッズとか・・とにかく思いつく限りの事をやったのを覚えています。誰もよく分らないから逆に何でも企画が通ったという(笑)。
それが評価されたのかどうかはわかりませんが、その後、社長から直接「ゼロからなんだがEC事業を立ち上げてほしい」とミッションが入りました。さすがに出来るかなとも思いましたが、優秀なシステム設計者とも出会い、立ちあげに成功、そのままショップマスターも任されたので、流通や販売企画など、オンライン以外の事も学ぶきっかけとなりました。
その後は会社自体の合併や優秀なスタッフ達の参加も重なって、EC事業は拡大し続けることとなりました。
私自身、もともと個人事業ながらも少数でクリエイティブ制作チームを運営しておりましたが、リアル店舗との連動など、会社ならでは仕事はとても楽しかったのを覚えています。

コミュニケーションデザイン社に入社した理由とは?

社内に優秀な人材が多いため、私にとって刺激が多そうだと思ったからです。
もともと、私自身、代表である玉木の著書の読者でもありましたから、玉木自身のミッション、社としてのミッション自体は何となく知ってはいました。特に実際の制作やディレクションを得意とする私にとって、具現化すべきアイディアやスキルはダイヤモンドの原石です。コミュニケーションデザインはその特殊なPR会社であるという性質上から、原石の宝庫であるといえます。私やすべてのコンテンツ制作者にとって、原石はいくつでも欲しいし、また、磨けば新たな宝石へと発展するかもしれません。つまり原石発掘のチャンスやスキルが学べる訳です。
また、アイディアを具現化できる優秀な人材も揃っています。クリエーターとして、自分が持っていない具現化方法はすべて学んでみたいという意欲があったのも確かです。

現在の仕事について語る

主に、弊社クライアントのウェブサイトのプロデュースやメンテナンス業務などを行っております。また、自社サイトのメンテナンスや、プロデューサーとともに、自社コンテンツビジネスの企画・制作など、実制作を含むディレクション業務も行っております。
ウェブサイト構築や、映像/音声の撮影・編集から梱包物まで、製品化するまでの全ての制作業務を社内で完結できるところが強みです。一つのコンテンツをマルチチャネルに対応できるコンテンツへと変更することも可能ですから。ただ、その分、事業部の仕事量が増えるので人手も必要になりますが(笑)。

今の仕事のやりがいや面白さとは

社内外ともにですが、やはり影響力の大きい方と日々多く出会えるという事は刺激になります。自分ももっと勉強、もっとスキルアップしようという気になりますね。

休日の過ごし方は?

バスフィッシングしたり、写真を撮りに出かけたりしています。

コミュニケーションデザイン社を一言で言うと

縁の下の力持ち。

これから入社を考える人へのメッセージ!

大きな組織では実行できなかった事もここでは可能であると思います。その案にレバレッジを効かせるノウハウもきっと見つかるのでは?
明るく素直で成長意欲の強い方、ぜひ、お待ちしております。

PAGE TOP