人事担当者からのメッセージ

みなさま、こんにちは。このたびは、株式会社コミュニケーションデザインの採用情報にご関心をお持ちいただき、ありがとうございます。
ここでは、私たちがともに働く仲間として迎えるにあたって、求める人材像についてご紹介したいと思います。

私たちが求める人材像は、・「良い印象」を与える人、・「プロフェッショナル」として信頼される人、・「成長意欲」の高い人、の3点です。それぞれについてより詳しくご紹介しましょう。

私たちが求める人材像

1.「良い印象」を与える人

当社は、クライアントのPR業務を代理するビジネスを行っています。そのため、社員全員がクライアントの「代理人」でもあります。万が一、私たちが不適切な態度をとったことで、外部の方に悪い印象を与えた場合は、クライアントにも悪い印象を与えることになりかねません。そうならないよう、私たちはクライアントの「顔」ともなることを意識して、常に「良い印象」を与えるよう心がけることが大事です。
相手に「良い印象」を与えるためには、明るい態度、基本的なビジネスマナーを守り、TPOに相応しい行動をとること、適切にコミュニケーションができることが大切です。良い印象を与えるということは、コミュニケーション能力が高いことの裏付けと言えます。

2.「プロフェッショナル」として信頼される人

当社には様々な職種がありますが、いずれもクライアントから、プロフェッショナルとして仕事を依頼される大事な役割を担っています。そのため、全員がプロフェッショナルとしての自覚を持ち、日々成長の努力を怠らない仕事に取り組む必要があります。
そのためには、ビジネスパーソンとして信頼していただくことが前提です。当たり前ですが、約束の時間や提出物を守ること、報・連・相ができることなどの基本的なビジネススキルが不可欠です。さらに、PR業務に必要な専門知識・技能を身に付けて、クライアントの質問にも受け答えができる必要があります。
また、「どうすればクライアントに喜んでいただけるか」ということを常に考えて、日頃から情報収集をしたり、アイデアを練ったりしておくことは、プロフェッショナルとして望ましい態度です。
これらのことを心がけて、自信と誇りを持って仕事をできれば、クライアントからも、プロフェッショナルとしての高い信頼を得ることができるでしょう。

3.「成長意欲」が高い人

新卒・未経験で入社される方は、上記のことができない部分があっても、心配はありません。社内では、教育研修やOJTを通して、必要なビジネスマナー、ビジネススキルや業務知識・技能の教育を行っているからです。
ただし、条件があります。それは、謙虚に学び、自発的に知識・技能を高め、未経験のことにもチャレンジするような、「成長意欲」を持っていることです。当社の教育プログラムも本人の向上心があってこそ始めて活きてくるものです。「成長意欲」を持って、早く・大きく成長することができる人材を、私たちは求めています。
いかがでしょうか。いろいろと書かせていただきましたが、私たちはあなたのやる気を最も重視しています。上記の条件に合うかどうかわからない方でも、ぜひ当社で働きたい!という情熱をお持ちの方はぜひご応募ください。面接でお会いするのを楽しみにしています。

社員インタビュー

PAGE TOP