話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.5 メッセージと発信目的を 明確にする

前回は、プレスリリースを発信する前にまず、

「情報が集まる仕組みをつくりましょう!」と提案しました。
そこで今回は、その次に何をするかですが・・・

「集まった情報をしっかり取捨選択しましょう!!」です。
集まってきた情報のなかから、そもそも何のために
そのプレスリリースを発信するのかをよく吟味し、
それに適した情報を選択します。

つまり、

●プレスリリースの目的を明確にする習慣をつける!
ことです。

具体的には、そのプレスリリースが

●商品やサービスの社会的認知度の向上を意図したものなのか?

●企業のブランドイメージを意識して発信するものなのか?

●不祥事などの場合は、なるべくネガティブな記事露出を
  避けるためにどのような情報開示を行うべきなのか?

●しかも、社会的に何らかの意味がちゃんとあるか?
  これらが大前提となります。

さらに

●発信したいプレスリリースにニュース性や目新しさがあるか?

●発信時期と内容が適しているかどうか?

●一般の人にとっておもしろいかどうか?

●まだマスコミでは報じられていないか?
  なども検討する要素となります。

PR会社が教えたい事、ここで見落としがちなのは、
マスコミというのは、読者・視聴者を意識しながら
情報発信しているということです。

“マスコミにとってのお客さんは、読者・視聴者です。”

プレスリリースの内容が読者・視聴者の興味をひくものか
どうかが最重要になってきます。
『伝えたい情報が送るマスコミ媒体の読者・視聴者層にとって
魅力的な内容か?』

マスコミ媒体の読者・視聴者層を考慮した視点で
作成されたかどうかが、プレスリリースの成功・不成功を分ける
カギとなります。