話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.7 プレスリリースを執筆する 2

プレスリリースに盛り込むべき内容は
一般的にニュースの基本となる”5W1H”の要素を盛り込む。

『 WHEN(いつ)、WHERE(どこで)、WHO(誰が)
WHAT(何を)、WHY(なぜ)、HOW(どのように)。』

これらをA4の紙1・2枚に簡潔にまとめます。

●プレスリリースには、

    1.報道資料の明記
    2.発信日時
    3.会社名
    4.所在地
    5.タイトル
    6.リード文
    7.本文
    8.担当者名
    9.連絡先
   10.参考資料の項目を掲載する
      (写真も添付すると良い。)
 
●具体的な書き方のポイントは以下の通りです。

(1)”惹きつける”タイトルにする
  プレスリリースのなかでもっとも重要なのがタイトルです。
  タイトルでプレスリリースを読むか捨てるかが判断されるほど
  なので、読み手を一目で惹きつけるキャッチコピーをつける
  ことが何よりも大切です。

(2)”明瞭”なリード文を書く
   リリースの文章は「です・ます」調にする。
   冒頭の4?5行に、プレスリリースのエッセンスを盛り込む。
   重要なのは専門用語などを一切使わず、
   だれでもすぐにニュースのポイントがわかるように書きます。

   また、できるだけ客観的な事実やデータ(数字)をもとに
   書くべきです。

(3)”客観的”に本文を書く
   プレスリリースの背景を中心に、概要説明や詳細を
   客観的かつ簡潔に書くことが大切です。
   5W1Hを落とさないように、重要な順に説明する。
   新商品やサービスであれば、商品の強みや差別化
   されている点、データや表で紹介すると説得力が増します。

(4)連絡先・担当者名を記入する
   絶対に忘れてはいけないこと、それが連絡先の電話番号、
   FAX、メールアドレスそして担当者の名前です!

(5)必要書類や写真の添付
   プレスリリースに関連するパンフレットや詳細資料を郵送もしくはFAXします。
   写真は郵送の場合、紙面に採用されることもあるので
   ビニール袋などに入れて送るとよりいいでしょう。