話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.8 媒体研究を行なう

前回まで、
“プレスリリースをどのように書けば良いのか?”
を見てきましたが、それと同時に重要な事があります。

それは・・・・・

『自社のプレスリリースがどんな媒体・ コーナーで
取り上げてもらいやすいか?』という事です。

言い換えれば、

どういう媒体に掲載してもらえば、伝えたい人たちに
メッセージ・情報が伝わるのか?という事です。

あなたが伝えたい人たち・・・・

例えば、あなたの会社の商品やサービスを
買ってくれそうなお客さんは
“どんな新聞、雑誌を読み、どんなテレビ番組・ネットサイトを
見ているのだろうか?”

“それをどのようにして、把握すればいいのだろうか?”
そのヒントは下記の視点に立った媒体研究にあります!!

●どんな編集方針の媒体か?
●どんなコーナーがあるか?
●どんな記事が取り上げられる傾向にある?
●どんなタイトルが多いか?
●どんなサイクルで発売されているか?
●どんな読者層で構成されているか?
●どれくらい部数が出ているか?

意外にも広報・PR担当方々の中でも、
媒体研究を日頃からきちんと行っている人は多くありません。
普段から上記の視点で媒体に目を通しておけば、
どういう内容の記事が好まれるかがわかるようになるはずです。

PR会社が教える、さらにより詳しく理解するには・・・・

特に取り上げられたいコーナーなどは、
バックナンバーから記事の見出しなどを書き出して、
見出しの傾向を分析することをお勧めします。
そうすることで、自然に編集方針がはっきりとわかってきます。

また、編集部は締め切りに追われていることが多いので、
編集サイクルなどを知っておくとメリットが大きいです!

特に、雑誌の場合であれば、新製品の発売と同時に
取り上げてもらおうと思ったら、1・2ヶ月前には編集部に
連絡しておかなくてはいけません。

そして、配信したいマスコミ各社の連絡先を調べて、
配信先リストを作っておくことが必要です。