話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.9 プレスリリースを配信する

プレスリリースを書いて、送るべき媒体も選定できました。
いよいよあとは配信するだけ!!
と・・・その配信するに当たり、重要なポイントが残っています。

それは
“配信するタイミング”を確認することです。

プレスリリースを出す時期に、他に大きなニュース
(自然災害や政治的内容、事故など)や発表(大企業の新商品、
皇室・有名芸能人の冠婚葬祭発表)などがある場合は
出来るだけずらした方がいいでしょう。

また、どうしても掲載したい媒体などがある場合、
その1社だけに優先的に発表する方法、
一次情報を扱う新聞各社だけに先んじて送る方法などが
テクニックとしてあります。PR会社として教えます。

配信の方法を大きく分けると、大きく2つに分類できます。

『 記者クラブでの発表 』 と 『 自社での発表 』

●自社での発表
出版社など記者クラブに参加していないマスコミ各社については、
自社発表で個別にコンタクトを図る必要があります。
コンタクトの方法としては・・・記者発表会とマスコミ各社配信です。

【記者発表会】
記者発表会は、非常に重要なニュースがあり、企業のトップが
あらゆるマスコミ各社に発表するために行います。
自社で発表の会場や日時を決め、記者発表会の案内を
マスコミ各社に送って実施します。

【マスコミ各社配信】
これまで付き合いのないマスコミや記者なら、編集部で回し読みが
できるため郵送かFAXでリリースを送る方が無難でしょう。

また、FAXで送る場合、一斉配信のサービスに加入するのも手です。
例えば、マスコミ各社をビジネス誌、一般誌など、内容に応じて
グループ分けをし、グループ単位で送ります。 
プレスリリースを一斉に配信する前に、テレビや全国紙、雑誌など
の記者・ライターの知り合いがいる場合、紹介してもらい、
担当者の名前をあて先に入れた方がよりベストです!

担当者が分からない場合は、下記でも大丈夫です。

**部宛て
**コーナーご担当様 

プレスリリース配信後、重要な案件に関しては、
すぐに電話をかけて届いたかどうかを確認し、内容を
三十秒くらいでうまく説明することも場合によっては必要です。

そのほか、効果的な方法としては・・
自社に関係のある記事を執筆した記者に電話などで個別に
コンタクトするという方法もあります。

●記者クラブでの発表

記者クラブ制度は日本のマスコミの最大の特徴です。

記者クラブが現実に機能しているのは、世界的に見て、
日本と韓国だけだとも言われており、大手新聞社、通信社、
テレビ局など、一部の加盟マスコミ各社と各団体との
親睦組織のことを記者クラブと言います。

拠点としては、主要な官庁や民間団体などの部屋を
提供してもらい、記者の取材は、そこを前線基地として、
各マスコミの担当記者が常駐しています。

メリットは、
“一度に多くの主要なマスコミにアプローチできること”

非常に重要なニュースの場合、社長、もしくは会長が
記者会見を行います。
記者クラブ内で、企業の責任者がニュースリリースや
資料などを配布し、記者に発表・説明し、一般的なニュースでは、
記者クラブの幹事社にニュースリリースの配布を申し込みます。

それを記者クラブがニュースバリューがあるかどうかを判断し、
許可・不許可を出すシステムとなっています。