話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.19 特集記事を執筆する!

マスコミへのニュースや露出を自ら高める
もっとも効果的な方法は・・・

ずばり、教えます。

“自分の業界や商品に関する特集を                 
自分で企画・立案してしまうことです!!”

この場合、速報性があることよりも企画性が重視されるので、
新聞よりも、雑誌やテレビの企画として向いているでしょう。

そのポイントとしては

●自社だけの宣伝色の強い内容ではなく、
その業界の動向や社会現象などを反映した
客観的なものにすること。

●切り口はあくまで客観的にして、
そのなかに自社の強みを入れ込むこと。
(当事者だからこそわかる情報というのはきわめて貴重です。)

これらがきちんとポイントを押さえているものであれば、
記者は記事(放送)を書くだけでなく、
その後もあなたをブレーンとして頼りにするでしょう。
そして、その後のステップへとつながっていくはずです。

98年当時、在宅コンサルタントとして働いていた
実践マーケッターの神田昌典氏は『週刊ダイヤモンド』での
巻頭特集を執筆したことで成功した例でがあるそうです。

主に中小企業向けにコンサルタンティング業務を行う、
株式会社アルマックを設立した98年当時、
なかなかお客が増えず、売り上げにつながらない状況だった際、
どうにかしようとした神田氏は、
出版社九社に「貴誌に無料で執筆します。
ご関心あれば、レポートがあるので、ご請求下さい」と
FAXを流したそうです。

そして、『週刊ダイヤモンド』の編集長から連絡が入り、
巻頭特集の執筆が決定!!

それがきっかけとなり、その後、十数冊の本を出版。
現在、顧客実践会の会員が4500社にもなる
企業にまで成長しました。

これは、当時流行りだした「SOHO」というキーワードで、
自分を売り込むことに成功した例です。

つまり、世の中のトレンドと自社のサービスをうまく絡めて、
企画し、売り込むことが重要になってくるのです。