話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.25 マスコミの仕組みを理解する !

マスコミにあなたの会社、商品を取り上げてもらうためには・・・
それぞれの媒体の特徴を知っておかなければいけません。

あなたやあなたの会社にとってはニュースかもしれませんが、
それがマスコミにとって価値のあるものかどうかは
マスコミ側の判断になります。

まずマスコミとはどういうものかを押さえておきましょう。

一口にマスコミといっても、
新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、専門紙、業界紙と様々あります。
現在は、インターネットもニュースを伝える媒体として
マスコミとして欠かすことは出来ません。

まず、マスコミの代表格は新聞といっていいでしょう。
新聞の記事をみて、雑誌記者が駆けつけ、雑誌記事になる。
そして、それからテレビ番組で紹介されるというのが通例です。
この流れは現在でもそう大きくは変わりません。

つまり、新聞報道が最初のきっかけになり、
他のメディアに波及するという流れです。
新聞といっても朝日新聞、読売新聞といった
全国で販売されているものから、
地方では圧倒的なシェアを誇る地方紙、日本繊維新聞や
日本外食新聞など専門・業界紙などがあります。

さらには、すべての業界ごとに専門・業界紙がある
といっても過言ではありません。

新聞の中でも専門・業界紙に取り上げられる確率は
かなり高いでしょう。
また、雑誌でも最近ではかなり専門的なものが
出てきているので、専門雑誌も狙い目といえるでしょう。

次に、PR会社がそれぞれのマスコミ媒体の強み、弱みについて
簡単にご説明すると・・・。

●新聞
日本人の2.4人に1人が読んでいるとされ、
多くの人に訴求力があります。
また、毎日発行されているものなので、ニュース性があり、
影響力、信頼性、情報量の多さ、速報性があります。
しかし一方で、一時的に読まれるだけで
次の日などに何度も読まれるものではありません。

●テレビ・ラジオ
新聞と同様に影響力、速報性、視覚性の高さによる
信頼性に優れていますが、
一方で映像と音声が一瞬で消えてしまうので
記録性、保存性という点では、
文字伝達方法に比べて劣ります。

●雑誌
最大の強みは読者層が限定されており、
情報量も多く、回読性が高いことです。
一方弱みは、製作に時間がかかり、速報性がないこと。
月刊誌は、製作に2ヶ月 を要するところがほとんどです。
しかし、それをカバーする各雑誌の企画などの
話題性に特色があります。
また最近ではインターネットでも雑誌の内容が
みられたり、バックナンバーとして過去の記事も
読むことができるというようになっています。

●インターネット
まだまだ訴求力、信頼性などは他媒体に劣りますが、
ネットの特性を活かした速報性、視覚性、
無限の情報量といったものを武器に、
インターネットは既に無視できない存在です。
特に「口コミ」による影響力は他の媒体比べ、
大きな力をもっています。