話題を仕掛けるPR戦略レターメルマガ登録無料
ガイドブック無料プレゼント
コミュニケーションデザイン総合研究所
PRマガジン
コミュニケーションデザインの書籍紹介
  • 03-5545-1661 平日10:00~18:00/土日祭日を除く
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ENGLISH
prknowhow

PRノウハウ集

prknowhow

Part.37 ステップ3 あなたが潜在顧客に伝えたいキーメッセージは何か?

ステップ1で商品やサービスの強み、
ステップ2で顧客像を明確にしたら、次は何をすべきでしょうか??

ステップ3は、『キーメッセージを明確にする』です。

「キーメッセージ」とは、ある商品やサービスについて
最も伝えたいメッセージのことを指します。
これがPR会社や販促広報で最も重要かつクリエイティブなセンスを
要求されるプロセスです。

ここを間違えると、いくらメッセージを発信したところで、
市場に受け入れてもらえません。大ヒットを生み出すために、
こうしたコミュニケーションデザインの技術は必須なのです。

一言にキーメッセージと言っても、さまざまな使い方があります。

たとえば・・・・

商品やサービスの「ネーミング」。
これは極めて重要なキーメッセージですが、
意外とあまり深く考えずにつけてしまう人が多いようです。
さらに「キャッチコピー」や「商品説明文」「商品化した社会的背景」
などがあります。

居酒屋「庄や」で有名な大庄グループでは、
お客さんから何を言われても、「はい!喜んで」と店員が
返事をするように教育されています。
これも一種のキャッチコピーですね。

誰にで喜んでもらえて、しかもしっかり印象にも残ります。
こうしたキーメッセージは、

1.わかりやすい
2.覚えやすい
3.新鮮な印象を与える
4.共感を呼びやすい

などがポイントです。

また、キーメッセージを構成する要素として、デザインも重要です。
新規顧客の開拓にあたっては、ネーミング、キャッチコピー、
デザインどれをとっても、『顧客が思わず、買いたくなる、欲しくなる』ように設計することがまず何よりも大切です。